デザインの校正に便利!PDFの編集を行えるDocHub

参考になればシェアしてもらえるとうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8
dochub
スポンサーリンク

DocHub

Emailアドレスでの登録はもちろん、Google or Dropboxのアカウントでソーシャルログイン可能で、すぐ使いはじめることが出来ます。

また、PDFの保存も

  1. Google Drive
  2. Dropbox
  3. ダウンロード

と複数選択することが出来て、非常に便利です。

実際に使ってみた

とりあえず使い心地を試してみたかったので、使ってみました。

1.ログイン

dochub

上記アドレスにアクセスし、画面上部右側よりソーシャルログインが実施できます。
また、E-Mailでの新規登録の場合は、画面右上、Loginボタンのメニューより登録が可能です。

2.ファイルの追加

2015-12-05_14h43_21

ログイン後の画面、右側の緑ボタンよりファイルの追加が行えます。
ドキュメントの追加なので「Import New Document」を選択します。

3.ファイルのインポート

2015-12-05_14h44_15

ファイルのインポートを実施します。
インポート元は3つ。

  1. ローカルからのアップロード
  2. Dropbox内のファイルからのインポート
  3. Google Docsからのインポート

今回はローカルからのアップロードを選択しました。

4.編集画面へ移動

2015-12-05_14h45_09

アップロードが完了すると上記のような画面に遷移します。
編集を始めるために「Create Document」ボタンを押しましょう。

5.編集

2015-12-05_14h45_33

実際の編集を行っていきます。
編集でできることはざっと

  • テキストの追加
  • フリーハンドでの線引き
  • ハイライト
  • コメント
  • マスク
  • スタンプ
  • 画像追加

です。

下記はスタンプツールとハイライトツールを用いた例です。

2015-12-05_14h51_38

6.ファイルの保存

2015-12-05_14h52_07

編集が終われば、画面右上より保存することが出来ます。

PDFで出力して送るもよし、Google Driveに保存するも可能です。

また、お互いにDocHubを利用しており、Google Driveで共有などをしていれば、共同編集のようなことも可能です。
誰がいつ編集したか。といった履歴も確認できるので安心ですね。

印刷物のチェックバックなどはどうしてもPDFベースになりがちなので、こういったツールを用いて省力化していくのも良いのではないでしょうか?

サンプルで使用したPDFは下記URLのサイトより利用させていただきました。

スポンサーリンク

参考になればシェアしてもらえるとうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です