睡眠効率を向上させるアイマスク「NeuroOn」を購入したので開封&レビュー

参考になればシェアしてもらえるとうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8
Neuro:on DHL

Kickstarterで出資を募り、製品開発に至った睡眠改善アイマスク「NeuroOn」がついに到着しました。
せっかくなので、簡単にレビューをしてみます。

スポンサーリンク

NeuroOnとは

インテリジェント睡眠用アイマスク」という良くわからない最新プロダクト。

公式 https://neuroon.jp/

睡眠時の脳波、心拍、体温、体の動きを計測したり、光を使った起床を促したり、バイオリズムを調整したり。
「なんかわからないけど、すごそう。」
そんなプロダクトですw

発注から到着まで

確かKickstarterが始まった時、TechCrunchに取り上げられていた記憶があります。
その記事を見て、すぐに予約注文をしました。

かなりの歳月が過ぎ、ようやく「2016-05-09」に手元に届きました。
マイページを見ると、注文日は「2015-01-14」となっていました。

1年4ヶ月も待っていたのですね…

開封の儀

外装

Neuro:on DHL

DHLが配送業者です。
海外からの発送のため、関税の「2,380円」が受け取り時にかかりました。

梱包

Neuro:on 外箱

袋の中には、ダンボールで包まれたNeuroOnが!

開梱

Neuro:on 化粧箱

|ω・`)ノ ヤァ
綺麗な化粧箱です。

Neuro:on 開封

さらに開くと、そこにはアイマスクが!

Neuro:on 背

なんとなく高級感がありますね。

アイマスク本体

Neuro:on アイマスク本体

アイマスク自体は、普通のアイマスクです。
若干ゴーグルのようなつけ心地です。

謎の電子部品

Neuro:on 本体

これが本体ですね。この金属端子から脳波などを検知するのでしょうか。

Neuro:on アイマスク側部

アイマスクのバンド部分はマジックテープで固定する方式なので、自分のサイズに合わせて調整することが可能です。

NeuroOnの機能

モバイルアプリと連携し、

  • レム睡眠の時間
  • 眠りに落ちるまでの時間
  • 目覚めた回数

などを計測し、0~100の数値で表す「睡眠スコア」なるものを算出します。

起床時間を設定し、その時間に「光」と「振動」で起床を促す。

マスクの着用感

ゴーグルのような形でフィット感はよい。
ただ、金属端子なのでしばらくの間は冷たく感じるw
肌が弱い人とかにはどうなんでしょうか…?

アプリの使用感

アプリの完成度はまだ低い?
Androidのアプリ名には「Beta」ってまだついていますし…。
症状としては、ペアリングが切れたり、データ転送の時間が結構掛かったりします。

電池について

充電はおよそ40分程度。
給電方法はMicroUSB。
1日使うとバッテリー残量が30%程度になっていたので、基本的に毎日充電が必要かと思います。

アイマスク外れに関して

長さはマジックテープで無段階切り替えが出来るため、自分にあった長さに調節できる。
圧迫感などはなく調節できるのはいいですね。

そんなNeuroOnが欲しい方は

公式サイトで購入が行えます。
2016-05-11 時点で、発注から10週間で届くようです。

購入はこちらから→ https://neuroon.jp/#buy-now

今すぐ欲しいという人は…

割高にはなりますが、Amazonで販売されているようです。

公式サイトで買った場合と金額比較

  • 本体 $299
  • 送料 $27
  • 関税 2,380円

なので、1ドル108円とした場合、37,588円となります。

いまは動作確認のみを行った中古品が39,800円であるので、10週間を2,000円で買う感じになるようです。

参考までにどうぞ。

スポンサーリンク

参考になればシェアしてもらえるとうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です