Ubuntu 15.10で「Alt+Tab」の挙動を変更する方法

参考になればシェアしてもらえるとうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8
ubuntu_logo
スポンサーリンク

背景

Ubuntu15.10では、デフォルトでワークスペースが無効になっています。

しかし、昔からUbuntuなどを使っている私としては、ワークスペースは便利なので有効にして利用しています。

しかし、そこでひとつ問題が出てきます。

デフォルトでは「Alt+Tab」のアプリケーションスウィッチ機能はワークスペース内のアプリケーションしか候補に上がってこないのです。

つまり

  • ワークスペース1:Chrome/Slack
  • ワークスペース2:Trello
  • ワークスペース3:Atom
  • ワークスペース4:Libre Office

などで運用している場合、ワークスペース1で「Alt+Tab」を入力してもTrelloにスムーズに遷移出来ないのです。

解決方法

デフォルトでは「Shift + Alt + Tab」ですべてのワークスペースのアプリケーション遷移を行うことが出来ます。

この挙動を「Alt + Tab」に再マッピングしてやることで、すべてのワークスペースを「Alt + Tab」で行き来できるようになります。

1.CompizManagerのインストール

2.CCSM(設定ファイル変更ツール)の起動

3.設定の変更

ccsmccsm2

  1. CCSMが立ち上がったら、デスクトップカテゴリの中から「Ubuntu Unity Plugin」を探してクリックします。
  2. 「Switcherタブ」→「Key to start the Switcher for all viewports」のキーバインドを「Alt + Tab」に変更。

もともと、Alt+Tabがバインドされていた同ワークスペースでの切り替えは必要であれば別キーに割り当てましょう。
私は使わないので無効にしています。

以上で「Alt + Tab」ですべてのワークスペースのアプリケーション切り替えが出来るようになります。

Ubuntu 12.04時代から変わらない方法なので、Unityで動いているうちは有効な方法ではないでしょうか。

スポンサーリンク

参考になればシェアしてもらえるとうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です