Amazon EC2にJenkinsをセットアップする

参考になればシェアしてもらえるとうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8
jenins

今回はCIツールの一つであるJenkinsをAWS EC2にインストールします。

スポンサーリンク

パッケージシステムのアップデート

まずはお作法

 パッケージシステムを最新にし、必要に応じてインストール作業を進めれるベース作りを。

Javaのインストール・バージョン確認

JenkinsはJavaで動いています。
なので、当然ながらJavaがインストールされていないと動きません。

 2015年3月現在、インスタンスを建てたところJDK1.7系がインストールされていたので、現時点ではアップデートは不要だと思います。

Jenkinsをインストール

Jenkinsの簡単なインストール方法は

  1. yumを利用しインストールする
  2. 公式サイトからwarファイルをダウンロードしてきてビルドする

の2種がありますが、今回はパスとか通すのも面倒なので、前者のyumインストールを試みます。

 と何気に叩いたら、んなもんねえぜーと怒られたので、repoを登録して再度挑戦します。

これでインストール完了です。

Jenkinsを起動

 これでJenkinsが起動します。

デフォルトの設定であれば

でアクセスが可能になっているはずです。

Jenkinsの自動起動設定を行う

ひとまずこれで執事の顔が覗けるはず。。

セキュリティの設定等はまた次回に!

スポンサーリンク

参考になればシェアしてもらえるとうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です